履歴書の証明写真は、学生時代の就活やアルバイトの応募時に撮影したことがあるという方も多いですよね。

ただし、改めて転職活動のために用意しようと思うと、

どんな服装が正解?

やっぱりスーツがいいの?

といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「男女別|履歴書写真の服装&身だしなみのポイント」を画像付きで分かりやすく解説していきます!

1. 男女別|履歴書写真の服装は何が正解?

転職の履歴書の証明写真は、ビジネスシーンに沿った身だしなみをすることが好印象に繋がります。

証明写真を撮影する際は、男女ともに下記の点に注意して、服装を整えましょう。

履歴書写真の服装マナー

清潔感を意識する

⇒服装だけでなく、髪型やメイクにも注意

 

基本はスーツを着用

⇒業界業種を問わず、落ち着いた色柄を選ぶ

それでは、ここからは男女別に具体的な服装&身だしなみのポイントをご紹介します。

男女別|履歴書写真の服装&身だしなみのポイント
※該当する項目をクリックすると詳細にジャンプします

男性編 女性編


それでは、詳しく見ていきましょう!

男性の服装&身だしなみのポイント

履歴書, 写真, 服装

髪型

すっきりとした髪型を心がける

・顔が隠れないように前髪は分ける or 上げるのが◎

・寝ぐせや整髪料のつけすぎには注意!


服装

・黒やネイビーなどダークカラーのスーツを着用する

ワイシャツは白無地を選び、ボタンは上まで留める

派手なネクタイは避け、曲がらないように締める


姿勢

・あごは軽く引く

・正面を向き、背筋を伸ばしている


表情

・口は閉じ、歯が見えない程度に口角を上げる

男性はスーツだけでなく、ネクタイの色柄にも注意しましょう。

ネクタイは派手すぎるデザインでなければ問題ありませんが、青やエンジのシンプルなストライプ、または小紋柄などが定番です。

以下の記事では、転職活動に適したスーツや、スーツに合わせるアイテムの選び方を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

女性の服装&身だしなみのポイント

履歴書, 写真, 服装

髪型

・顔が隠れないように前髪は分けるのがベター

ロングヘアの場合は1つに結ぶとすっきり

・髪色は染めムラがない方が清潔感アップ!


メイク

ナチュラルメイクを心がける

・リップやチークを入れると健康的な印象で◎

・アイメイクは濃くなりすぎないように注意


服装

アクセサリー類は外す

・黒やネイビーなどダークカラーのスーツを着用する

・インナーは白や淡い色のシンプルなデザインを選ぶ


姿勢

・あごは軽く引く

・正面を向き、背筋を伸ばしている


表情

・口は閉じ、歯が見えない程度に口角を上げる

女性のビジネスファッションは自由度が高いため、服装やメイクなど華美になりすぎないように注意しましょう。

中でも、レディーススーツはデザインの幅が広いですが、転職活動というTPOを踏まえ、ベーシックなものを選ぶのがおすすめです。

以下の記事では、女性の転職活動に適したスーツの選び方を詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。

2. 知っておきたい!履歴書写真の基本事項

ここからは、撮影前におさえておきたい履歴書の証明写真に関する基本事項をご紹介します。

服装や身だしなみのポイントとあわせて、ぜひ確認してみてくださいね。

2-1. 必ず確認!履歴書写真のルール

履歴書, 写真, 服装

履歴書の証明写真には、服装マナーのほかに守るべき3つのルールがあります。

撮影時は下記のルールに必ず従い、規定に沿ったものを用意しましょう。

履歴書写真の3つのルール

写真のサイズは縦4cm×横3cm

⇒運転免許証やパスポート用はサイズが違うため注意

 

撮影日から3か月以内のものを使う

⇒写真と実際の印象が大きく変わらないようにする

 

背景は白・ブルー・グレーから選ぶ

⇒奇抜な色や柄のある背景はNG

また、ルールではありませんが、履歴書から剥がれてしまった時に備えて、証明写真の裏に氏名を記入しておくと親切ですよ。

2-2. どう撮る?履歴書写真の撮影方法

履歴書, 写真, 服装

履歴書の証明写真の撮影方法は、自分の目的に合ったものを選ぶのがおすすめです。

ここでは、主要な2つの撮影方法について解説するので、それぞれの特徴を改めて確認してみてくださいね。

タイプ別|証明写真のおすすめ撮影方法

写真館で撮る

・写真の仕上がりに妥協したくない

・時間に余裕がある

…といった方におすすめ!

証明写真機で撮る

・スピーディーに撮影を済ませたい

・費用を抑えたい

…といった方におすすめ!


それでは、詳しく見ていきましょう!

自撮りはダメなの?

履歴書の証明書写真のルールに則っていれば、スマホなどで自撮りした写真でも問題ありません。

 

ただし、自撮りの場合は、

 

  • 影ができないような照明の調整
  • 正面からまっすぐ映るように高さと向きを固定

といったさまざまな準備が必要であり、コツをつかむまでは時間と手間がかかります。

 

そのため、写真館や証明写真機で撮影するのがおすすめです。

◆ 写真館で撮る

履歴書, 写真, 服装
メリット

・写真の仕上がりがきれい

・プロのアドバイスが聞ける

デメリット

・事前予約が必要

・時間と費用がかかる

 (約2,000円~10,000円)


写真館ではカメラマンのアドバイスのもと、何度も撮り直せるので、納得のいくまで写真の仕上がりにこだわることができます。

また、写真の焼き増しにも対応しているので、枚数が必要な場合にも安心です。

ただし、写真館によっては、仕上がりまでに1日~数週間と時間を要することもあるので、余裕をもって利用しましょう。

◆ 証明写真機で撮る

履歴書, 写真, 服装
メリット

・短時間で写真が仕上がる

・安価で気軽に撮影できる

 約700円~1,000円)

デメリット

・焼き増しができない

・撮り直しの回数に制限がある


証明写真機は手ごろな価格で、自身の都合に合わせていつでも気軽に利用できるのが魅力です。

また、機種によっては写真をデータで受け取れるため、パソコンで履歴書を作成する場合にも便利です。

ただし、撮り直しの回数には制限があるため、事前に身だしなみや目線の位置を入念にチェックしてから撮影に臨みましょう。

3. 履歴書写真の服装に関する疑問解消Q&A

ここからは、履歴書の証明写真の服装に関する疑問をQ&A形式で解説していきます。

気になる質問から、ぜひチェックしてみてくださいね。

Q1. 夏でもジャケットは必要?

履歴書, 写真, 服装

A. 季節を問わず、ジャケットは着用しましょう。

履歴書の証明写真に季節は関係ないため、夏でもジャケットは必要です。

ただし、面接時の服装指定は企業によって異なるため、その指定に従いましょう。

Q2. 証明写真と実際の髪型が違っても大丈夫?

履歴書, 写真, 服装

A. 証明写真と実際の印象が大きく変わっていなければ、問題ありません。

履歴書の証明写真は、本人確認のために使用されます。

そのため、証明写真と実際の印象が大きく変わっていなければ、髪型が多少違っても問題ありません。

ただし、見た目の印象が大きく変わっていないからといって、撮影日から3か月以上が過ぎた写真は避けるのが無難です。

Q3. 手持ちのスーツがない…私服じゃダメ?

履歴書, 写真, 服装

A. スーツを着用するのが基本です。ただし、最低限のマナーを守っていれば、スーツ以外でも問題ありません。

転職の履歴書の証明写真は、業界業種を問わず、スーツを着用するのが基本です。

ただし、最近はビジネスファッションのカジュアル化が進んでいるため、最低限の服装マナーを守っていれば、スーツでなくても問題ありません。

スーツ以外で撮影する場合の服装マナー

ジャケットは必ず着用する

⇒ビジネス感+きっちりとした印象を与える

 

ベーシックカラーでまとめる

⇒黒やネイビー、グレーなど華美でない色を選ぶ

スーツ以外で撮影する場合も、清潔感を意識し、ビジネスシーンに沿った服装を心がけてくださいね。

4. まとめ

ここまで、転職の履歴書に貼付する証明写真の服装マナーについて解説しました。

履歴書写真の服装マナー

清潔感を意識する

⇒服装だけでなく、髪型やメイクにも注意

 

基本はスーツを着用する

⇒業界業種を問わず、落ち着いた色柄を選ぶ

もう一度、男女別の詳しい服装&身だしなみポイントを確認したい方は、「1. 男女別|履歴書写真の服装は何が正解?」をご覧ください。

また、以下の記事では、転職の履歴書の書き方について解説しています。あわせて参考にしてくださいね。


履歴書写真の服装を揃えるなら「洋服の青山」がおすすめ!

面接, コート
おすすめポイント

・スーツからビジカジまで取り揃える豊富な商品数

・オンラインストア限定価格でお得にお買い物できる


全国各地に700店舗以上を展開する紳士服専門店「洋服の青山」

オンラインストアの商品は試着予約サービスの利用で、実際に店舗で試着・確認できるので、ネットからでも安心して購入できますよ。

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね!

公式サイトを見る


※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。